絶対はずさない!おすすめ入園入学お祝い

2019年7月12日

入園入学の時期が近付いてくると、どんな贈り物をしようかと考えます。我が家も入園入学を迎え、お祝いをいただきました。実際にいただいたもので、すごくうれしかったもの、役に立ったものなど、ご紹介します。

  • 乳歯ケース
  • 水筒
  • 目覚まし時計
  • 書籍

<乳歯ケース>

いただいて初めてこんな便利で素敵なものがあることを知りました。木製の箱型で、子供たちも抜けると喜んでケースに閉まっています。保管するのも困るし、なんだか捨てるのはな、と思うもの。記念になるしお子さんも喜ぶのでおすすめです!

<水筒>

これも入園入学すると必須アイテムですね。熱中症も心配になるので、毎日持たせる方も多いのではないでしょうか。我が家は入園までは小さ目の軽いプラスチックの水筒を持ち歩いていましたが、入園祝いに水筒をいただき、入学した今でも使っています。

入学すると大きい水筒に買い替える方もいますが、重いランドルセルに手提げバック、水筒となるとかなりの重さに。我が家ではまだ同じ水筒を持たせていますが、よほど暑い日以外は、麦茶を残して帰ってくるので、まだ600mlでも大丈夫そうなので、とても長く使えると思います。

<目覚まし時計>

ディズニーの音楽が30曲ほど入った目覚まし時計をいただきました。入園入学すると規則正しい生活を送らなくてはいけないので、少しでも子供たちから起きてきてほしいですね。寝る前に好きな音楽をセットとして、就寝しています。時計の勉強にもなりますし、一人一つ時計があると喜ぶと思います。

<書籍>

○「学研なぜどうしてシリーズ」「学研白い本シリーズ」

一つの項目、お話が短く読みやすく、対象学年が分かれているので、お祝いにぴったりだと思います。我が家も本を交換しながら、楽しく読んでいます。また読み聞かせから自分で本を読む練習にもなり、とてもよい贈り物でした。

~おまけ~

入園入学の贈り物に、文房具をたくさんいただきましたが、とくに小学校は使用する鉛筆の濃さを指定されます。我が家は6Bです。いただいたのはほとんどが4Bでした。4Bはいつから使ってよいかわかりませんが、キャラクターものだと使ってよい学年の時には子供たちが恥ずかしいから使いたくないという可能性も。もし鉛筆類を贈る場合は、周りのお母さんにリサーチするか、シンプルな柄が喜ばれるかもしれません。